茜色回顧録公開

ノベルゲーム「茜色回顧録」を公開しました。

f:id:masato517:20180721184421p:plain

masato517.hatenablog.com

ブラウザ上でプレイ出来ます。スマホブラウザでも動きます。
5分程度で終わる短編なので、
プレイして感想やアドバイスなど頂けるとありがたいです。


今回使用させて頂いたのは「script少女 のべるちゃん」というツールです。
完全無料のスマホアプリです。
使ってみた感想としては、
・プリセット素材が豊富で、素材集めの手間を省ける
スクリプトのコピペが出来ない
・PCでいうところのデリートキーが存在しないので、やや不便
・直感的に画像配置可能だが、座標指定は出来ないので微調整が難しい
まぁ、悪くはないツールだと思います。


茜色回顧録の開発経緯についても触れておこうと思います。
個人ブログだし、観覧者少ないからいいよね(;^ω^)

山崎は高校の時に書いていた漫画のサブキャラで、
茜色回顧録の大本となった彼主役のスピンオフを書いたのも高校の時でした。
ちなみに、山崎のビジュアルや性格はガンダムWのデュオを強く意識してます。
このスピンオフが結構気に入っていたので、短編小説としてリメイク。
黒い設定もその際に書き加えたもので、漫画版はただ幼馴染を助ける話でした。
2016年頃から、過去作品のリメイクがマイブームになっていた。

masato517.hatenablog.com

cybernetics 20XX、twilight_goddessも原作は学生時代に書いたものです。
2017年にウディタ版を作り始め、途中別の作品に浮気し、
今年のGWにふと思い立って、バッドエンドルートは作り終えました。
その時点で、素材使用規約に引っ掛かっている事が発覚したので凍結。
ちなみに、フランクフルトのシーンや、助けた後のシーンは
ウディタ版になって書き加えたものです。
漫画版、小説版は本当に助けて終わりという感じでした。

そんなわけで、自分の中では結構思い入れのある作品になりましたね。
素直になれなくて、好きな人には意地悪してしまうけど、
いざとなったら全力で助けに行くっていうのは、
自分の中ではかなり好みです( *´艸`)
機会があれば、山崎がサブキャラ扱いの漫画もゲーム化してみたいと思います。
こちらは原作が未完だからどう転ぶかわかりませんが。